アンチエイジング化粧品の効果を上げるために大切なことは?

MENU

スキンケアの基本の洗顔がポイント

古い角質は洗顔で落とすこと

40代の肌は、30代の頃に比べると、さらにくすみも目立ち、肌の透明感も失われています。これは肌のターンオーバーが正常に行われない為で、本来剥がれ落ちる古い角質が、そのまま肌に残っていることが原因となります。

 

古い角質は毛穴の詰まりの原因ともなりますので、大人ニキビにもなる可能性があります。角質ケアとしてピーリングを行う方もいますが、ターンオーバーを活発にする効果は良くても、肌には刺激があるのです。

 

繰り返し行うと、逆に肌の働きは減少してしまいます。古い角質は正しい洗顔をすることで綺麗に落とすことができるのです。新陳代謝を活発にするためには、スキンケアの基本である洗顔からまず考え直してみることが大切です。

 

正しい洗顔料を選ぶこと

洗顔は肌の汚れや皮脂、そして古い角質をとるために大切です。洗顔をするときは、肌を擦りすぎないことが重要です。肌に刺激を与えてしまうとメラニン色素が活発になる為に、色素沈着の原因にもなります。刺激の少ない洗顔石鹸で、保湿成分が配合されているものがお勧めです。

 

そして肌に優しく洗顔をする為には泡立ちの良い洗顔料を使うことがコツになります。泡を顔に押し付けるようにして洗います。毛穴の中の汚れも綺麗になりますので、洗顔だけで肌のトーンも明るくすることが出来ます。

 

そのためには年齢肌に合ったアンチエジング化粧品の洗顔料がお勧めです。低刺激でしかも洗浄力があるもの、そして保湿効果がある洗顔石鹸を選んでみましょう。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

アンチエイジング化粧品の間違った選び方とは
アンチエイジング化粧品は、宣伝されている効果ばかりを意識してしまうと、自分の肌に合わないこともあります。それぞれの化粧品には異なる特徴がありますので、現在の肌の状態に合わせ、老化を予防する働きの高いものを見つけることが必要です。
こんな時は化粧品を変えよう!
40代になると、肌の老化は目に見えて進行してきます。年齢肌になると、角質層の中での保湿が大切になる為に、年齢肌に合わせたアンチエイジング化粧品を使うことが必要になるのです。そのときの年齢にあわせて化粧品も変えていきましょう。
配合成分の特徴について
肌の老化を防止する為には、色々な美容成分が必要になります。角質層の真皮の部分にあるコラーゲンは、肌のハリを出す効果、シワの予防などの働きがあります。年齢とともに減少してしまう為に、アンチエイジング化粧品で補うことが必要です。
40代からできるアンチエジングとは?
40代になったらいよいよ本格的にアンチエイジングを始めたいですね。まず大切なのは、毎日使う化粧品をアンチエイジング化粧品に変えることです。普通化粧品では出来ない老化予防や、効果的な保湿ケアなど、年齢に合わせたスキンケアをすることが出来ます。