年齢肌の原因「酸化現象」について知りたい!

MENU

年齢肌の酸化現象とはなに?

肌が老化する原因の一つ「酸化」ですが、シワやシミなどが増える要因にもなる為、アンチエイジングではとても注意をしたいポイントの一つです。肌にはどのような影響があるのかご紹介したいと思います。

 

紫外線と酸化の関係

30代の頃よりもさらに目立つシミは、紫外線が大きな原因となります。紫外線を浴びると体内で活性酸素が大量に発生するのですが、活性酸素は体の老化を進行させる原因となっています。活性酸素は、酸素を毒性のあるものに変えてしまう働きがある為に、皮膚の細胞が「酸化」してしまうのです。

 

そして酸化することにより、メラニン色素が活発になるためにシミが増える原因となっています。若い頃よりも皮膚の組織が酸化される40代、皮膚の弾力も少ない為にシワも増えてしまう原因となっています。

 

抗酸化作用のあるアンチエイジング化粧品

年齢とともに肌の酸化が進んでいます。皮膚の細胞を活性化するためには抗酸化作用のある基礎化粧品を使うことが必要です。抗酸化には、体内の活性酸素を抑える働きがあるのですが、その効果が高いものとしてビタミンEがあります。

 

ビタミンEはオリーブオイルなどの食品にも含まれていますので、食生活でも体の老化予防として注意することがポイントです。アンチエイジング化粧品には、抗酸化作用の高いビタミンEや、天然植物成分を使用したものがとても人気があります。根本的な肌の働きを活性化するためには、これから抗酸化作用にも注目してみましょう。

 

肌の酸化対策に効果のあるものは?

 

肌がサビてしまう「酸化」。年齢とともに肌でも体内でも起こっています。
体の老化は自然な現象のため止めることは出来ませんが、年齢肌にあったスキンケアをすることで目立つ肌のトラブルを改善、予防する事は可能なのです。酸化を予防する為には肌の細胞機能を活性化するために保湿ケアにも注意してみましょう。

 

40代の肌はさらに将来的な老化予防をする事も必要です。気になる症状がなくても、肌の機能にあったアンチエイジング化粧品を使い始めることが必要ですよ。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

肌の乾燥が老化のスピードアップに!
確実なアンチエイジングをする為には、原因を理解することが大切です。もっとも注意をしたい点は肌の乾燥です。老化と肌の乾燥はどのような関係があるのでしょうか。
紫外線による肌の老化に要注意
紫外線はメラニン色素の働きを活発にする原因となります。シミの原因となるだけでなく、老化の原因ともなる紫外線とは、肌とどのような関係があるのでしょうか。
肌の糖化現象による老化について
アンチエイジングでよく聞く肌の糖化とは一体どのような事なのでしょうか。そして肌の糖化により、どのような影響があるのが、気になる老化との関係についてチェックしてみましょう。
間違ったスキンケアによる肌の老化
毎日使う基礎化粧品ですが、なんとなく使っているだけでは肌の老化防止にはなりません。間違ったスキンケアは老化を進行させる原因にもなるため、注意をする事が必要です。