敏感肌と肌の老化の関係は?

MENU

敏感肌と肌の老化は関係している?!

 

老化すると弱くなる肌の表面

 

年齢とともに、肌の透明感やハリが失われていきます。見た目で分かる老化以外にも、肌の老化は、肌の表面を薄くする非薄化という症状も起こります。これは加齢とともに、肌の保湿成分であるコラーゲンやエラスチンが減少していく為、肌の表面、「表皮」がどんどん薄くなっていくのです。

 

女性のホルモンの働きは、加齢により働きが減少します。新陳代謝が悪くなることも肌の老化には影響しています。新しい細胞の生成に時間がかかる為に、表皮はどんどん薄くなり、そのために紫外線や外部からの刺激にも弱くなってしまいます。

 

肌が敏感になってしまうのは、そのようなことも理由となっているのです。非薄化することは、乾燥しやす状態にもなります。

 

加齢による紫外線の影響

 

肌の老化を感じはじめる年齢には、個人差があります。同じ年代でも肌を見ると違いがありますよね。正しいスキンケアをすることは、肌を健康的にする目的と、老化予防をすることも必要になるのです。加齢により、肌のブロック機能が減少する為に、紫外線を吸収しやすくなってしまいます。

 

敏感肌の場合は特に、メラニン色素も紫外線により刺激されてしまいます。紫外線から肌を守る事は、肌の老化予防にはとても重要なポイントとなります。アンチエジング化粧品を使うことで、真皮まで保湿成分を浸透させることが出来ます。

 

ブロック機能を高める事で、肌の水分も保持する事が出来ますので、アンチエイジングケアには、ぜひ注意したい点ですね。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

保湿効果が良いとアンチエイジングにメリットはあるの?
アンチエイジングのケアをする際に、基本となるのが保湿です。肌が乾燥することにより、皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴を詰まらせる原因となります。ぶきでものなどの肌のトラブルになるほか、肌のターンオーバーにも影響してしまいます。
どんな成分が敏感肌に必要?
敏感肌の化粧品選びは、成分が重要なポイントになります。肌に刺激が少ないように、香料や保存量などの添加物もないっていないものが安心です。アンチエイジング化粧品も同様に、敏感肌の場合には配合去れている成分について確認をすることが大切です。
敏感肌用のアンチエイジング化粧品はあるの?
アンチエイジング化粧品は、普通の化粧品にように、肌のタイプに合ったものを見つけることが出来ます。肌の老化、乾燥やシミ、たるみなど、それぞれにアプローチできる効果のある成分が含まれています。同時に加齢による敏感肌を改善できる化粧品もあります。
年齢肌に見られる特徴とは?
健康な肌は28日サイクルで、肌のターンオーバーが行われています。古い角質が剥がれて新しい角質へと変わるのです。肌のトラブルを改善する為にも、ターンオーバーが正常に行われる事がとても大切です。エイジングケアにも、この肌の細胞の再生力がとてもポイントとなっています。