アンチエイジング化粧品は肌に刺激になる?

MENU

中には刺激が強く感じられるものも!

アンチエイジング化粧品は、年齢による頑固な肌悩みに対策していくために、贅沢な美容成分を配合してあるものが多いですね。これは大きな魅力でもあるのですが、場合によっては、そんな贅沢な美容成分が「刺激」に感じられてしまうケースもあります。これはアンチエイジング化粧品のデメリットとも言える点ですね。

 

中には刺激が強く感じられるものも!

強力な成分に注意

アンチエイジング化粧品の中には、強力な作用でお肌に働きかける成分が含まれるケースもあります。

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール

これらの成分は美肌効果が高い反面、お肌が弱い方にとっては強い刺激になってしまう恐れがあります。また、敏感肌ではない方でも、多量に使用するなど使い方を間違えた場合、肌トラブルを起こす原因になる恐れもあるので注意が必要です。

 

例えばランキングで人気のアンチエイジング化粧品の中では、ビーグレンにこういった成分が配合されていますね。ビーグレンについては、カプセルに成分を閉じ込める工夫により、刺激という問題点も克服してありますので安心して使用できます。強力な成分を使用する際には、そういった工夫、お肌への配慮が施されているものを選ぶようにしましょう。

成分の濃度に注意

美容に良いとされる成分は、たっぷり取り入れた方が良いという印象がありますよね。確かに潤いは、「これでもか」というほどたっぷり届けたいものですし、美容成分の濃度も濃ければ濃いほど良いように感じられてしまうものです。ですが、実は成分によっては、濃度が高すぎるとお肌に負担をかけてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

健やかなお肌の方であれば、各化粧品に記載されている使用方法を守って使っていけば、濃度が濃いことで問題を起こすリスクは低いと言えます。ですが敏感肌の方の場合は、高濃度の美容液などは刺激に感じる恐れもあるので慎重に使用してください。

実際に試すことが大事!

アンチエイジング化粧品の「刺激」という問題点に関しては、まずはご自身のお肌で確認してみるのが最善の解決策です。

 

まず基本としては、お肌に負担になるような成分は配合していないものを厳選します。

  • パラベン
  • 香料
  • 着色料
  • 石油系原料

これらの成分は負担になる恐れがあるので要注意ですね。

 

ただし、無添加で天然由来の成分配合なら絶対安心かと言えば、そうとも言い切れません。植物由来の成分がお肌に合わないというケースもありますので、まずはトライアルセットなどを利用して、ご自身のお肌で相性を確かめてみてください。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

肌状態に合わないものを使用すると重く感じるかも!
アンチエイジング化粧品は、大半が40~50代頃に使い始めることを目的とした設定になっています。そのため、20代の頃に使用していた基礎化粧品と使い比べてみると、成分が濃厚で「重い」感じになっていることが分かりますね。そのため、年齢に合ったものを選んでいかないと、使用感などに問題が出てきてしまいます。
アンチエイジング化粧品はコストがかかり過ぎる!
アンチエイジング化粧品というと、「高級過ぎて手が出ない」と感じる方も多いのではないでしょうか?確かに20代頃の若者に向けた基礎化粧品に比べると、価格帯が高めの設定になっている基礎化粧品が多いですね。そのため、「コストがかかり過ぎて継続が難しい」という方も多く、じっくり継続することでお肌の変化を楽しみたいアンチエイジング化粧品において大きなデメリットであると言えます。
ステップの数が多いから使い方が面倒なものが多い!
現代女性、とにかく忙しい方が多いですよね。そんな中で、「いかに手間ひまかけずにキレイになれるか」ということが追及されています。しかし、アンチエイジング化粧品はそんな時代の流れに反して、手間ひまかけてのケアを行う内容となっているものが多く、大変面倒に感じてしまう方も多いのです。