加齢によって美容成分は減少するの?

MENU

加齢により減少する成分について知ろう!

 

コラーゲンの働きについて

体の老化とともに、加齢により肌には減少していく成分が沢山あります。その不足した成分を補充することで、肌のアンチエイジングケアをする事が出来ます。

 

コラーゲンは、20代の頃に比べると40代では半分以上に減少しているといわれています。コラーゲンは肌のハリを出す為に必要な成分の為、不足してしまうと、肌のたるみや弾力不足などの症状が起こってしまいます。

 

アンチエイジング化粧品でよく見かける成分の一つコラーゲンは、年齢肌に不足している為に十分に与える事が必要になります。そしてコラーゲンには、水分を保つ働きもありますので、乾燥しやすい年齢肌にはぜひ必要ですね。肌機能が衰えてしまうと、水分を溜め込む力が弱い為に、すぐに乾燥することも特徴です。

 

エラスチンの働きについて

アンチエイジング化粧品の成分でよく見かけるエラスチンは、コラーゲン同士を結びつける働きをする繊維状のタンパク質です。その為コラーゲンと一緒に配合されている化粧品は、肌の弾力効果も更によく、エイジングケアには必要不可欠となる成分の一つなのです。

 

加齢によるシワやたるみの改善にもとても効果がありますので、アンチエジング化粧品でもよく使用される成分です。化粧水や美容液、クリームなど毎日使うスキンケアにはぜひ必要です。

 

肌のたるみが進行すると、ほうれい線のように深く刻まれてしまいます。そうなる前に、エラスチン配合の化粧品を使って肌の弾力を保つ事が必要です。年齢ごとに必要な美容成分を補充する事が効果的です。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

普通の化粧品と異なる成分について
年齢肌に効果のある化粧品は、つけた瞬間に肌がその働きを実感する事が出来ます。普通の化粧品では得る事が出来ないこの効果は、アンチエジング化粧品の特長にもなっています。その秘密は浸透性の高さです。
美容成分について
美容成分の中でも一般的に使われいているヒアルロン酸ですが、アンチエイジング化粧品にはほとんどの商品で配合されている成分です。ヒアルロン酸は30代になると急激に減少してしまい、老化の目立つ40代になるとさらに減ってしまうことが特徴です。
年齢別に必要な美容成分は何?
気がつかないうちに肌の老化が進んでいるのが30代です。自分の肌に合ったスキンケアをする事で、40代、50代になった時に大きく差を付けるポイントになります。
化粧品成分で注意することは?
化粧品には、肌に刺激となる成分が含まれていることがあります。エイジングケアには、これらの添加物などは肌の老化を進行させる原因にもなりますので、配合成分は必ずチェックする事が必要です。