普通の化粧品と異なる成分が入っているの?

MENU

普通の化粧品と異なる成分をチェック!

 

浸透性のよい点

年齢肌に効果のある化粧品は、つけた瞬間に肌がその働きを実感する事が出来ます。普通の化粧品では得る事が出来ないこの効果は、アンチエジング化粧品の特長にもなっています。その秘密は浸透性の高さです。

 

一般的な化粧品と比べると、年齢肌に効果のあるアンチエジング化粧品は浸透性が良いことがメリットです。分子の細かい美容成分を配合したものや、加齢により硬くなった肌を柔軟する働きなどもあります。

 

美容成分が角質の奥まで浸透することで、肌の細胞が活発になる効果もあります。ビタミンC誘導体や低分子ヒアルロン酸や低分子コラーゲンなど、年齢の気になる肌には効果的に働く成分が沢山あります。アンチエイジング化粧品を選ぶ時に参考にしてみましょう。

 

細胞の老化を防ぐ効果

肌の老化がまったく気にならない20代の頃は、化粧品も保湿効果のあるものを使えは十分にスキンケアの効果があります。しかし肌の老化は20代の後半からすでに始まっていますので、気になる症状がなくてもアンチエジング化粧品を使うことをオススメします。

 

肌は年齢とももに、保湿機能が衰えてくる為に、乾燥しやすくなることが特徴です。乾燥肌には、ブロック機能も弱いことから紫外線のダメージなども受けやすくなってしまいます。

 

普通の化粧品では、年齢肌には浸透性が少ないことや、不足する美容成分が配合されていない場合があります。そして肝心な肌の老化を予防する抗酸化作用のある成分が少ない為に、アンチエジング化粧品を使ったほうが効果的になるのです。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

加齢により減少する成分について知ろう!
体の老化とともに、加齢により肌には減少していく成分が沢山あります。その不足した成分を補充することで、肌のアンチエイジングケアをする事が出来ます。
美容成分について
美容成分の中でも一般的に使われいているヒアルロン酸ですが、アンチエイジング化粧品にはほとんどの商品で配合されている成分です。ヒアルロン酸は30代になると急激に減少してしまい、老化の目立つ40代になるとさらに減ってしまうことが特徴です。
年齢別に必要な美容成分は何?
気がつかないうちに肌の老化が進んでいるのが30代です。自分の肌に合ったスキンケアをする事で、40代、50代になった時に大きく差を付けるポイントになります。
化粧品成分で注意することは?
化粧品には、肌に刺激となる成分が含まれていることがあります。エイジングケアには、これらの添加物などは肌の老化を進行させる原因にもなりますので、配合成分は必ずチェックする事が必要です。