アンチエイジング化粧品だけ使っていればお肌のケアは大丈夫?

MENU

化粧品だけに頼らずインナーケアも!

最先端の技術や成分が用いられたアンチエイジング化粧品は、ただお肌の表面に塗布するだけでも、嬉しい効果が期待できてしまいます。そのため、ついつい「アンチエイジング化粧品さえあればキレイになれる!」と思い込んでしまいがちです。

 

ですが、キレイを作っているのは基礎化粧品だけではありません。アンチエイジング化粧品だけに頼らず、インナーケアも並行していきましょう。

 

化粧品だけに頼らずインナーケアも!

お肌を作っているのは食や睡眠

「お肌は基礎化粧品で作られている」というような感覚を持っている方は、意外と少なくありません。確かにアンチエイジング化粧品の中には、年齢と共に不足してくる成分をお肌に補給していくことができる優れものもたくさんあります。

 

ですが、実はこういった基礎化粧品が浸透することができるのは、角質層というお肌のごく表面までであることが分かっています。つまり、それより奥深くの真皮層などの部分には、どんなに浸透力に優れたアンチエイジング化粧品でも、届けることができないのです。

 

では、これらのお肌の奥深い部分に働きかけるためには、どうすれば良いのでしょうか?そこでキーワードとなってくるのが、生きていくために必要不可欠な2つのキーワードです。

  • 睡眠

人は口にした食べ物で作られていますから、お肌の栄養になるものを食べれば、美肌に近づけます。逆にお肌に良くない食べ物を省いていくことも大切です。

 

さらに眠っている間には、日中受けたダメージを修復する大切な働きが発揮されます。アンチエイジングのためにも、質の良い睡眠をしっかりとることは、欠かせないのです。

化粧品だけで実感できない方は…

「それなりに高級なアンチエイジング化粧品を購入して、頑張ってケアを続けているのに、肌悩みがイマイチ改善されない」なんて悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?もしかすると、その原因はアンチエイジング化粧品の品質にあるのではなく、インナーケアに問題があるから、なのかもしれません。

  • 暴飲暴食している
  • 極端なダイエットをしている
  • 1日の睡眠時間が短い
  • 眠りが浅い
  • 運動する機会が一切ない

こういった生活をしていると、いくら優秀なアンチエイジング化粧品で表面から働きかけても、高い効果を実感することが難しくなってしまいます。まずは生活の見直しをしていくことが大切ですね。

インナーケアと並行して効率的に!

アンチエイジング化粧品を用いたケアは、インナーケアと並行すると、より効率的になります。

  • ターンオーバーが促進されて実感しやすい
  • 抗酸化作用にも期待が持てる

しっかり栄養を摂り、睡眠や運動などの生活習慣にも気を付ければ、体の代謝がアップするからターンオーバーも促進され、シミやシワ、くすみなどのお悩みも解消されやすいのですね。さらに抗酸化作用の高い食品を積極的に食べれば、年齢肌悩みの原因である酸化を抑制することができ、アンチエイジングの効率がアップします。

 

できるだけお得にアンチエイジング化粧品を活用していくためにも、化粧品に頼り切るのではなく、インナーケアという努力も同時に取り入れていきましょう。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

使用方法をしっかり守ろう!
アンチエイジング化粧品には、それぞれに正しい使い方や使用量などが定められています。ですが、医薬品のような厳しいルールがあるわけではないので、どうしてもオリジナルな使い方をしてしまう方も少なくありません。せっかくの最先端のアンチエイジング化粧品で、より効率的に効果を実感するためには、できるだけ正しい使用方法を守るようにしましょう。
アンチエイジング化粧品は使い続けてこそ意味がある!
アンチエイジング化粧品の中には、高級なものも多いですね。そういったものを「自分へのご褒美」のような感覚で購入し、1ケ月程度使用したら、もうおしまい…そんな使い方をしてしまう方がいます。ですが、実はこのような使い方は、とてももったいない使い方なのです。