アンチエイジング化粧品は美容液を重視!

MENU

アンチエイジング化粧品は美容液で積極的な働きかけを!

アンチエイジング化粧品の中でも、多くの方が「主役」というイメージを持っているアイテムと言えば、美容液ではないでしょうか?美容液には、特に優秀な美容成分がたっぷりと凝縮されています。そんな贅沢な美容液を正しく使用して、年齢によるお肌のお悩みに積極的に働きかけていきましょう。

 

アンチエイジング化粧品は美容液で積極的な働きかけを!

肌悩みに合った美容液を!

美容液、と一口に言っても、その内容は様々です。美容液は、基礎化粧品の中でも、特に「特定の肌悩みに積極的に働きかけるためのアイテム」であると考えると良いでしょう。

  • 美白
  • シワ対策
  • 乾燥対策

こういったケアを目的にした美容液が多いですね。悩んでいるのがシミやくすみなのか、シワなのか、ひどい乾燥なのか…自分のお悩みを見極めたうえで、合った美容液をセレクトしてみましょう。

 

また、中には目元用やほうれい線対策用など、特にお悩みの多い部分に特化した美容液などもあります。年齢が出やすい部分に働きかけたい場合は、そういった部分用のタイプを選んでみるのもアリですね。

美容液は使用順を要チェック!

美容液の使い方で、特に注意しなければならないポイントの1つが、「使用順」です。基本的に基礎化粧品は、化粧水→乳液→クリームといった順番で使用することになっています。では美容液は、どのステップに入るのかというと、これには2つのパターンがあるのですね。

  • 化粧水→美容液→乳液→クリーム
  • 美容液→化粧水→乳液→クリーム

これは、美容液がどのような特性を持つものなのかにより、使うべき順番が変わってくるためです。一般的な美容液は、化粧水でお肌を整えた後に使用するのが正しい使用順となっています。ですが、中には「ブースター」と言われるタイプのものがあり、これは化粧水の前に使うことで、化粧水の浸透力を高める効果を発揮してくれるのです。

 

美容液を使用する前には、使用方法をよく確認して、できるだけしっかりと効果が実感できる順番で取り入れていきましょう。

美容液はこすらず馴染ませる!

美容液を使用する際には、ただお肌に乗せるだけでなく、内側までしっかり栄養が届くように、馴染ませてあげることが大切です。ただ塗布するだけだとベタ付いてしまうものも多いので、使用感の良さを確保するためにも、丁寧に馴染ませていきましょう。

 

ただ、「馴染ませる」というイメージで、ついお肌に「擦りこむ」ような使い方をしてしまう方がいます。ゴシゴシと擦りこめば、確かに早く乾くのですが、これはお肌に摩擦という大きな刺激を与えてしまうので要注意です。

 

馴染ませる時には、お肌全体をハンドプレスしたり、目元や口元などの細かい部分はトントンと指の腹で叩き込むようにしていきましょう。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

使う前の落とすケアにこだわりを!
アンチエイジング化粧品は、どうしても化粧水や美容液といった「与えるケア」に注目してしまいがちです。ですが、意外とこれらのケアよりも重要と言われているのが、洗顔やクレンジングといった「落とすケア」なのです。落とすケアにこだわることで、その後に使用するアンチエイジング化粧品の効果も変わってきますので、ぜひチェックしてみましょう。
化粧水はエイジングケアで特に重要なアイテム!
アンチエイジング化粧品の中でも、特に大切にしたいアイテムと言えば「化粧水」ですね。化粧水はお肌に不足しがちな「水分」を与えてくれる、優秀なアイテムです。これはたっぷりと使って、お肌の内側からふっくらと潤った状態を目指したいですね。
乳液やクリームで油分もしっかり補給!
アンチエイジング化粧品を使ううえで、忘れてはならないアイテムと言えば「乳液」や「クリーム」です。これらは、中には「ベタつくから苦手」と、省いてしまう方もいますね。ですが、実は若々しいお肌を維持していくためには、とても大切な役割を担っているものなのです。