アンチエイジングには化粧水が最重要!

MENU

化粧水はエイジングケアで特に重要なアイテム!

アンチエイジング化粧品の中でも、特に大切にしたいアイテムと言えば「化粧水」ですね。化粧水はお肌に不足しがちな「水分」を与えてくれる、優秀なアイテムです。これはたっぷりと使って、お肌の内側からふっくらと潤った状態を目指したいですね。

 

化粧水はエイジングケアで特に重要なアイテム!

最初に拭き取りをすると効果的

アンチエイジング化粧品を使用する年代になってくると、徐々にお肌のターンオーバーが低下してきます。すると、お肌の表面に古い角質が残ってしまい、化粧水が浸透しにくくなってしまうのです。そこで、化粧水を浸透させる前に、まずは古い角質を拭き取るひと手間がおすすめです。

  • ステップ1:コットンにたっぷりの化粧水を含ませる
  • ステップ2:お肌の表面を優しく撫でるように軽く拭き取る

この時、拭き取り用の化粧水を使用すると、より効果的です。ただし、乳液など油分を含むアイテムで拭き取りをしてしまうと、化粧水が浸透しにくくなる恐れがあります。拭き取りはあくまでも「化粧水」で行うようにしましょう。

化粧水はコットン?手?

アンチエイジング化粧品の化粧水を使用する際、多くの方が悩まされるのが、「コットンを使うべきか、手を使うべきか」という点ですね。これらには、どちらもメリット・デメリットがあります。

  • コットン…より浸透させやすいけれど繊維が刺激になる恐れあり
  • 手…お肌に優しいけれど浸透させにくい

どちらかと言えば、刺激が少なく質の良いコットンを使用して、丁寧にパッティングしながら化粧水を浸透させていく方法がおすすめですね。手のひらで化粧水を塗布する場合は、ただ塗るだけでなく、丁寧に押し込むようにハンドプレスしながら化粧水を内側に閉じ込めていきましょう。

化粧水はケチケチしないこと!

化粧水を使用する際、もう1つ大切なポイントとなるのが「使用量」です。高級なアンチエイジング化粧品だと、どうしても「もったいないから」「長持ちさせたいから」と、少しずつケチケチ使ってしまう方がいます。ですが、化粧水については、ケチケチ使うのはおすすめできません。

  • 保湿不足は逆効果
  • 開封後に長く使っていくことで品質が劣化する恐れあり

まず、化粧水が少なく保湿が十分でない場合、少ない潤いを守ろうと、お肌から皮脂が多く分泌される恐れがあります。これは脂性肌、あるいはインナードライ肌と言われる厄介な状態です。さらに水分が不足することで、バリア機能が低下してしまい、敏感肌になってしまうこともあります。

 

化粧水をケチケチ使用することで、かえって肌悩みや肌トラブルが加速される恐れがあるということです。

 

さらに、開封してから長々と使用していくうちに、特に添加物を極力配合しない化粧品の場合、徐々に中身が劣化してしまう可能性もあります。新鮮で安全なうちに使い切ってしまうためにも、化粧水はたっぷり使用したほうが、結局はお得なのですね。


アンチエイジング化粧品TOP



関連ページ

使う前の落とすケアにこだわりを!
アンチエイジング化粧品は、どうしても化粧水や美容液といった「与えるケア」に注目してしまいがちです。ですが、意外とこれらのケアよりも重要と言われているのが、洗顔やクレンジングといった「落とすケア」なのです。落とすケアにこだわることで、その後に使用するアンチエイジング化粧品の効果も変わってきますので、ぜひチェックしてみましょう。
アンチエイジング化粧品は美容液で積極的な働きかけを!
アンチエイジング化粧品の中でも、多くの方が「主役」というイメージを持っているアイテムと言えば、美容液ではないでしょうか?美容液には、特に優秀な美容成分がたっぷりと凝縮されています。そんな贅沢な美容液を正しく使用して、年齢によるお肌のお悩みに積極的に働きかけていきましょう。
乳液やクリームで油分もしっかり補給!
アンチエイジング化粧品を使ううえで、忘れてはならないアイテムと言えば「乳液」や「クリーム」です。これらは、中には「ベタつくから苦手」と、省いてしまう方もいますね。ですが、実は若々しいお肌を維持していくためには、とても大切な役割を担っているものなのです。